ブログ

健康でいるための生活習慣の重要度(アンケート結果)

昨年から健康経営の取組みとして、WEBをつかって「健康習慣アンケート」を従業員へ実施しています。
2019年と2020年度前半に行ったアンケート集計結果がでてきました。
その結果の中で「従業員の健康でいるための生活習慣の重要度」について一部ご紹介します。

「心身ともに健康でいられることは、重要か?」による設問では、4つの選択肢で「とても重要」「重要である」合わせた回答割合は、
2019年:89%、2020年前半:92%と3ポイント上がっていました。

また、心身共に生活習慣が重要なのか?による設問では、4つの選択肢で「とても重要」「重要である」合わせた回答割合は、
2019年50%、2020年前半76%と26ポイントも上がりました。

ちなみに、「生活習慣を気を付けるようになったキッカケ」による質問で、両年ともに上位2つは、1位「家族の勧め」、2位「将来の目標を実現するため」の結果でした。

アンケート結果から特に、企業として従業員のご家族との連携は重要なことだと再認識しました。
家族のチカラは絶大ですね。